Snufkin Life‐スナフキンライフ‐

日常と仕事に役立つニュース・情報を分かりやすく

東京五輪水泳会場問題点と見直し案を分かりやすく。アクアティクスセンターは必要なの?東京オリンピックコンパクト化は可能か。

photo_olympic-aquatics-centre

https://tokyo2020.jp/より

 

東京五輪水泳会場問題点と見直し案を分かりやすく。東京オリンピックコンパクト化は可能?

 

1 東京オリンピック水泳会場問題って?問題点と経緯

photo_olympic-aquatics-centre

こちらが、東京オリンピックで新たに建設される予定の、オリンピックアクアティクスセンターです。

場所は、都立辰巳の森海浜公園。有楽町線の新木場駅からすぐのところですね。

 

96958a9c889de7ebebe0e1e5e1e2e3ebe2ebe0e2e3e19eebe0e2e2e2-dsxdzo5992375019092013l83000-pn1-7

出典:http://www.nikkei.com/より

しかし、この場所には今もすでに東京辰巳国際水泳場があり

そもそも新しく作る必要はないんじゃないの?と疑問が出たのが発端です。

※ウォーターポロアリーナは、水球用に新しく作られる施設です。

 

2 なぜ新しくアクアティクスセンターを作る必要があるの?

01

こちらが辰巳国際水泳競技場です。

既に立派な施設で国際大会にも使われています。

しかし、問題なのは、観客席数です。

辰巳水泳場は、最大で5000人までしか収容できません。

一方、オリンピックは世界中から観客が来るため、12000人以上の収容が必要(基準)になります。

 

そのため、東京オリンピック誘致の段階で、「新しくアクアティクスセンターを作ります」と計画を立てたんですね。

 

しかし、アクアティクスセンターの方も、

観客席数について、大会後は5,000人規模に縮小することをあらかじめ想定した上で、大会時には20,000人の観客が観戦できるように計画されています。 大会後は、世界的な大会が開催される国際水泳場として、また、都民も利用できる水泳場として活用していきます。

引用:東京都ホームページより。

といずれは5000人規模に縮小する模様。

 

つまり同じ場所に二つの同じ規模の水泳会場ができることになり、

その維持費は年間5億円にもなります。

 

そのため、オリンピック後に辰巳の方を廃止するか、

あるいは、辰巳の方を改修して(アクアティクスを建設せずに)使うようにしよう、という2つの案が出たのです。

 

3 お金はどれくらいかかるの?

誘致の際には321億円だったアクアティクスセンター建設費ですが、

2014年時点で、683億円に大幅に膨れ上がり、

その後、観客席を1万5000まで減らすということで、513億円での建設が予定されています。

 

4 国際水泳連盟のマルクレスク事務総長が来日し、アクアティクスセンター新設を希望

ボート連盟会長の次は、水泳連盟の事務総長が来日し、

アクアティクスセンターの新設を

「東京オリンピックのためというより、レガシーが必要。そのためにアクアティクスセンターが必要です」

と希望しました。

これに対して、

「現在見極めをしています」

と小池知事。

 

会見を見ていて、正直、

「それは水泳連盟としては、素晴らしい会場があった方がいいよね。でも、費用が・・・(´;ω;`)」

と思ってしまいました。

 

5 最終的には?(11月現在)

アクアティクスセンターを建設することに決まっています。

アクアティクスセンターを規模縮小して、513億円という試算で決まっています。

辰巳水泳場は、水深が足りない(理想は3メートルだが、それに少し足りない)、観覧席が足りないというのがやはりネックだったようです。

辰巳水泳場の観客席を増やすには、運河の上にさらに増設するのですが、その場合は工期がかかりすぎる上に、運河の上の増設は難しいという結論だったようです。

 

513億という試算が今後増えることはないのか、

それが今後の課題だと思われます。

会場問題ではボート、バレー、水泳が現在問題になっています。

 

7

出典:http://mainichi.jp/articles/

リオのように、予算がないからできるだけあるものを活用して(リオは全体で1兆円を超えていません)・・・と結果的に大成功したように、コンパクトな五輪の実現を望みます(#^^#)