Snufkin Life‐スナフキンライフ‐

日常と仕事に役立つニュース・情報を分かりやすく

アメリカ大統領選挙の仕組みについて分かりやすく解説。日程や候補者選びはどのように?

presidential-election-1336480_960_720

 

アメリカ大統領選挙がいよいよ11月8日に!日程と選挙の仕組み・他候補者・支持率について分かりやすく解説します♪

1 まずはアメリカ大統領選の日程を見てみましょう。

%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e9%81%b8%e6%8c%992016%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf

引用:http://www.sankei.com/world/photos/160227/wor1602270037-p1.html

1 7月に盛り上がったのは、民主党と共和党というアメリカを代表する2大政党の候補者選びでした。

共和党の代表は、ドナルド・トランプさん、

民主党の代表は、ヒラリー・クリントンさんに決まりましたよね。

 

2 そして今回は、11月8日、スーパーチューズデーと呼ばれる火曜日に、

アメリカ全国民による選挙人を選ぶための選挙が行われます

 

3 そして、その選挙人が12月19日に大統領候補者を選んで投票し、

 

4 1月に正式に大統領が決定するのです。

 

 

2 11月8日に選挙人を選ぶってどういうこと?

日本だと、議員さんを直接その地域に住む国民が選びますよね。

でも、首相になるのはその議員さんに選ばれた人です。

それと同じように、アメリカでも「間接的に」大統領を選ぶのです。

 

というのも、アメリカは「合衆国(The United States of America)」。つまり、多くの国の集まりであり、それぞれの州が一つの国と同等の権利を持っているからです(憲法や法律もそれぞれあります)。

簡単に言うと、国の連合なんですね。

その連合のトップを選ぼう、というのが大統領選挙。

 

だからこそ、まずは州の中でそれぞれどちらを選ぶのか選挙人を選び、その選挙人が人々を代表して大統領を選ぶんです(他に数の問題や利便性を考慮しています)。

 

選挙人は、「私は○○さんを選びますよ!」ということを表明していて、

国民は「ならその選挙人を選ぼう」、ということで支持したい選挙人に投票します。

選挙権は、アメリカ国籍を持つ人で、かつ18歳以上の人です。

 

そして選ばれた選挙人は基本的に、12月表明していた大統領候補に投票します。

(ただし、実際は縛られているわけではないので、誰に投票しても大丈夫です。)

そのため、一概に選挙人の獲得数=勝敗とは言えませんが、

基本的には今度の11月8日の選挙人選びによって、大統領が決まる!と言ってよいのです。

 

3 各州に割り当てられた選挙人の数と予想を見てみましょう。

_1478166187_1478166178_13_jnt02p

http://news.yahoo.co.jp/story/415より

これを見ると、カリフォルニアの選挙人の数が多いですね。

選挙人の数は合計538人。

そのうち、過半数の270人を獲得した候補者が大統領になります。

 

テレビを見ていると、ノースカロライナはクリントン!テキサスはトランプ!などと、その地域ごとに勝利報道されますが、それはその地域で多い方の割合であって、

正確には、全体を見て過半数をとった方が勝利です。

 

もしも、誰も過半数の支持を取れなかった場合は、高得票者3名以下の中から下院が、副大統領は副大統領候補高得票者2名から上院が議員選挙によって選出することになっています。

 

4 民主党と共和党の違いって何?

民主党って?

ヒラリーさんが代表を務める民主党は、基本的に国際主義・民主主義を重んじる政党です。

現在の大統領、オバマさんも民主党ですよね。

戦争に反対だったり、

貧困層を助けようとしたり、

社会福祉を充実させようとする政策が多いです。

 

他にも、中絶完全自由化・不法移民容認・労組重視・結婚制度反対・同性愛容認・宗教多様化容認・銃規制などがスローガンに挙げられています。

 

代表的なのは、オバマ大統領ケネディ元大統領やヒラリーさんの夫でもある、ビル・クリントン元大統領です。

 

共和党って?

一方、

トランプさんが代表を務める共和党は、保守主義とキリスト教によって支えられています。

共和党の政策は、アメリカの国益重視。

国際社会より、まずアメリカ内部に目を向け、

中絶はもちろん反対、不法移民反対、銃規制反対、そして安全保障政策に力を入れることを主体にしています。

対外政策は親中(中国に歩み寄る)で、軍事拡大や資本主義のさらなる自由化を求めています。

 

日本人からするとえ!?Σ(゚Д゚)

って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、移民の国アメリカでは、不法移民が後を絶たず、それによって仕事を奪われたり、犯罪が増加したりして、それに不満を持っている方が多いのです。

外のことより、まず国民を。

資本主義によってもっと強いアメリカを。

これが共和党の代表的な考え方です。

 

代表的なのは、リンカーン元大統領、レーガン元大統領、ブッシュ元両大統領(お父さんと息子2人います)です。

ブッシュさんの湾岸戦争(お父さん)、イラク戦争政策(ブッシュ・ジュニア)を見てもなんとなくわかると思います。

 

ただし、もちろん一概に民主党だから、共和党だから――とは言えません。

その党内でも考え方はいろいろですし、

過激な人もいれば穏健派もいます。

 

5 2大政党以外にもたくさんの候補者がいます。

基本的にこれまでアメリカの歴史上、20世紀以降民主党と共和党以外で大統領になった人はいません。

そのため、今回もヒラリーさんかトランプさんのどちらかになるだろう、と予想されています。

しかし、実際は他にも候補者がいて、主張も面白いんです(#^^#)

アメリカ緑の党からは、

jill_stein_by_gage_skidmore

医師のジル・スタイン候補(画像はwikiより)。

ハーバード大学次席の医師というすごい肩書きです。

緑の党とは、その名の通り、環境重視政策を重んじて、さらに各州の自治をより強めようとする政党です。民主党よりとも言えます。

 

リバタリアン党からは、

163px-garyjohnsonphoto_-_modified

ゲーリー・ジョンソン候補(出典同上)。

実業家で、ニューメキシコ州の元知事。

リバタリアン党とは、とにかく自由!法律なんて反対!薬だっていいじゃないか!政府による規制は認めない!税金は政府による侵害だ!と、ひたすら個人の自由を強調する団体です。

アメリカらしい?と勝手に思ってしまいました(^^;)

 

どちらの政党も、民主・共和に次ぐ勢力で、選挙戦に大きな影響を及ぼしています。

過半数越えが必須な大統領選だからこそ、こういった政党の票がどうなるかで結果が異なってくるんですね。

 

他にもちょっと強面な?牧師さん(無所属)や

pastor_terry_jones_before_the_march

禁酒党、というお酒は反対!販売も禁止にすべき!

という団体の代表など、

jimhedges

たくさんの方が出馬されています。

日本の都知事選にも「え?明らかに笑いを目指してるのでは?」という候補が出ていましたが、

アメリカもコメディアンの方が出馬されたり、プロのポーカープレイヤーの方が出ていたり、とっても面白いです(#^^#)

 

6 ヒラリーさんとトランプさんの最新の支持率をみてみましょう。

11月4日現在、トランプさんが45.1%、ヒラリーさんが46.6%と、わずか1パーセント差になっています!

もともとトランプさんの支持率は30%ほどだったので、脅威の追い上げと言えるかもしれません。

ヒラリーさんのメール流出問題で、トランプさんが一時リード。

 

お互いに弱点をつきながら、ギリギリの勝負をしています。